●つむぎよりお知らせ(重要)と1月の会開催について


『つむぎ 発達障害当事者会』より、重要なお知らせがございます。

2020年1月より、『つむぎ 発達障害当事者会』は一新し、『リカバリー「つむぎ」』と『ピアサポート「つむぎ」』に分化いたします。

2014年4月の発足以来、属性による当事者会が増えてきました。

ここ 3年間の「つむぎ」の活動において属性に限らず、参加者の中にはさまざまなニーズがあることを確信しました。

しかしながら、マンパワーが足りません。

以上のことから細分化して、より参加者のニーズに対応することを第一義に考えた判断です。

分化後の体制としては、以下のとおりです。

リカバリー「つむぎ」●『リカバリー「つむぎ」』
【就労の会】を引き継ぎ、主として発達障害を抱える人たちの就労問題に力を入れてまいりたいと思います。


  • つむぎオープン就労の会
  • 発達障害をオープンにして働いている方(求職者含む)対象に、就労について話し合う会

  • つむぎクローズ就労の会
  • 発達障害未診断の方、あるいは、発達障害の診断済みだけど障害をクローズにして働いている方(求職者含む)対象に、就労について話し合う会

ピアサポート「つむぎ」
●『ピアサポート
「つむぎ」』
【その他の会】を引き継ぎ、主として発達障害を抱える人たちのピアサポートに力を入れてまいりたいと思います。


  • つむぎシニアの会
  • 50歳以上の人を対象に、話し合いを行う会

  • つむぎ茶話会
  • 自分のこころの中にあることを話すことによって、こころを軽くしたり手放せることができるような「場」を目指す会

  • つむぎ料理会
  • 料理初心者の方でも、手軽に作れる料理を学び合う会

  • つむぎ共同学習会
  • 「傾聴」「ピアサポート」などについて学び合う会

  • つむぎダイアローグ
  • 「ダイアローグ」という手法を応用して、希望者の「心配ごと」の緩和を目指して「対話」を行う会

『ピアサポート「つむぎ」』では、つむぎダイアローグ、通常の茶話会、中高年・シニアの会、協同学習会など、諸々やっていく予定です。

詳しくは追って告知いたしますが、すでに 1月から 4月まで、飯田橋のボランティアセンターの会議室Cを押さえております。

それらの箱に何を入れるかは考え中です。

分化して名前は変わっても、会の内容は『つむぎ 発達障害当事者会』のものを引き継ぎ、既存の『つむぎ 発達障害当事者会』のページ( https://tsumugi-peer.com/ )に、両団体のリンクを貼り、更新情報も掲載していく予定です。

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。